ホーム > 日記 > 郵便関係の方に住所を特定されて自宅まで来られた。。。

郵便関係の方に住所を特定されて自宅まで来られた。。。

私はママ友の世界は恐ろしい。
ドラマで見ているくらいすごくドロドロしたものなんだと思っていました。

保育園なのでお母さん同士のコミュニケーションも少ないのですが、やっぱり気が合わないなと思うお母さんは数名います。

それは、挨拶ができない・しないお母さん。

笑顔がなくても挨拶し返してくれるお母さんは、まだなんとなくですが、私のこと警戒されてるのだろうなとか、仲良くする必要がないと思われてるなとか色々考えますが、返事をしてくれるだけこちらとしては、まだ、人として対応ができるお母さんだとおもいますが、
挨拶をしても無視、イベント(親子遠足や運動会)前だけ笑顔を作る母親は本当に信用できない。
仲良くなれないとかでなく、信用できません。
子供が人を選んで判断するような子になってもいいのかな。挨拶できない子でいいのかなと思います。

なので、私のママ友基準は挨拶ができる人です。
ハードル低いですが(笑)

笑顔のない挨拶の方もママ友です。
長かったですが、笑顔で挨拶をし挨拶を返され、3年くらいかかりましたが、最近は笑顔を向けてお話ししてくれるお母さんもおられます。
仲良くできるのに時間がかかる人もいます。

私がそうなんで。

20代前半に親友から裏切られ、
女性の職場でもあったため、詮索・噂を流されるのは当たり前、それならばと、自分のことを話さなくなれば、何を考えているのかわからない、と詮索好きの人をイラつかせ、八方美人だわなんだのと、色々陰口をたたかれたのが、良くも悪くも人付き合いに影響し、でもそのことがあっていま友達と呼べる人は少なくても心から信用できる友人ばかりです。

ママ友はまた別くくりですが。

詮索好きのお母さんも少し距離を取ります。
理由は上の通りです。
詮索し、人のうわさを流し、人のうわさを聞かされ、それを楽しいとはとても思えません。
なので詮索好き、私はここのことなら情報通のお母さんには近づきません。

以前、お母さんではなく娘のおばあちゃんという方が、家を訪ねてきました。
マンションなので号室まではわからないと思い、以前マンション前まで一緒に帰ったのですが、今日は孫が私の娘に会いたいと言い連れてきましたと。。

その方は郵便の仕事をされてる方で、
うちの住所はそこで知ったと。。。

それって、職権乱用。。。と思いましたが、
怒るわけにもいかず話を聞いていました。
話すことはうちの隣の号室の人が働いているところ、お友達の女の子のおうちの事ともう内容はひどいもんでした。

絶対に自分の情報は話してはいけないと頭の中で警報が鳴ってました。

でもこのようなお母さんたちではない限り、仲良くできます。

そして、ママ友の会話は楽しいです。

自分たちのコドモの話なので、興味がない話ではないですし、少しずつですが信頼関係も築くことができます。

大人になってからの友人作りは難しいと思っていましたが、気の合うお母さんも中にはいらっしゃいます。
自分が心を開けば、相手も開いてくれます。

それに子供が見ているので、心を開かずとも隠したいことはばらされます。
取り繕いなんてできません。
あきらめることです。

でも、チャンスなのかもと、もう無理だと思っていた大人の友達。。。
でもまた、こんな機会で出会えて大切にすればきっと今後もずっと続く、ママ友でなく友達・戦友になれるんではないかと、初めてのママ友ができて3年ですが、そう思っています。

リファウンデーションの買取キットが届いたこととが、さきほど話した郵便局の方にバラされているのかもしれませんね。→リ・ファウンデーション公式サイトはこちらから