ホーム > 現金化 > 自分で行うクレジットカード換金や業者への依頼と換金率などについて

自分で行うクレジットカード換金や業者への依頼と換金率などについて

クレジットカードのショッピング枠を使って自分でクレジットカード換金を行う場合は、図書カードなどの換金性の高い金券を買って金券ショップに持ち込むのが1つの方法です。
注意点としてはクレジットカードで商品券が購入できない場合があることや、購入できたとしてもカード会社に発覚するとカード利用停止になることなどが挙げられます。
場合によってはカード利用停止でなくて強制退会となり、カード会社への未払い分を一括で返還しなければいけない可能性があります。
どうしても現金が必要だけれどキャッシングの利用ができないといった場合には、業者に依頼してクレジットカード換金を行うと良いです。
業者に依頼する場合はカード会社で利用者の購入したものを把握することが難しくなるので、カード利用停止などのリスクを低くすることができます。
業者に依頼すると決済手数料や振込手数料などの必要経費が引かれるので、購入金額に対して最終的な換金率の相場が80%程度になります。
例えば最終的な換金率が80%というのは業者の指定する10万円の商品をショッピング枠で購入すると、指定した口座に業者から8万円振り込まれるということになります。
ただし、後でカード会社に10万円支払う必要があるので、借金が2万円増えるのと同じことになります。
したがって購入金額と振り込まれる金額の差額を小さくするために、できるだけ換金率の高い業者に依頼するのが良いです。
ただし、換金率が98%など明らかに高い場合は悪徳業者の場合があるので、換金率の高さだけで決めることは避けた方が良いです。
キャンペーンや電話での問い合わせなどを利用して、換金率が相場よりも少しでも高くなる業者を選ぶことがポイントになります。

ネオギフト評判


タグ :